車のバッテリー上がりの心配をなくすために

普段、車を使わない方もGWやシルバーウィークなどの連休、夏や冬の長期休暇のときに車を使うと思います。

legs-434918_960_720
そんななか、車のトラブルで一番多いと言われているのがバッテリー上がりです。その数はなんと年間で80万件といわれています。このサイトに来ている方のなかにも車のバッテリー上がりを起こした方が何人もいるかもしれません。数年前まではバッテリー上がりが起きてもJAFに頼むか、もしくはブースターケーブルでの救援車からのエンジンスタート補助方法での対処しかありませんでした。

しかし、JAFは場所によっては1時間以上待たされるケースもネットで多く書かれていますし、非会員だと1回で数万もとられるケースもあります。またブースターケーブルでの対処はJAFを呼ばなくて済みますが、代わりにもう一台救援車が必要になります。また初心者にはブースターケーブルの扱いが難しいというのも難点です。

ただこれは数年前までの話です。
今日はバッテリー上がりを自力でしかも数十秒で対処できる方法をお教えします。
バッテリー上がりは車を運転するすべての方に起きる可能性のあるトラブルなのでぜひこの方法を役立ててください♪

車のバッテリー上がりとは??



といってもまずはなんでバッテリー上がりが起きるか分からない方もいると思いますのでカンタンに説明させていただきます。

車のバッテリー上がりとはバッテリーの蓄電量が減少し、エンジン始動分の電力を賄うことができず、エンジンがかからないことを指します。

車のバッテリー上がりの大きな原因は過放電によるバッテリー上がり(充電切れ)になります。実際にJAFの問い合わせのダントツの1位がこの過放電によるバッテリー上がりです。2位のタイヤトラブルの件数から見ても、どれだけバッテリー上がりが起きる可能性が大きいがわかると思います。

さらにここから分かることは出先での急なバッテリー上がりが多いということです。もし、家で車がバッテリー上がりを起こしたら、わざわざJAFに連絡をとらなくても近くのガソリンスタンドやディーラーに頼めば充電くらいはしてくれるでしょう。それだけ車のバッテリー上がりを事前に予測することは難しいといえます。それはバッテリー上がりの原因がバッテリーの質や気温、電装品の利用など多くのことに起因するからです。バッテリー上がりの原因については以下の記事にも詳しくまとめてあるので一度見てみてください。
 

関連記事:バッテリー上がりの原因|夏と冬??

車のバッテリー上がりの対処方法の問題点

もしも、旅行中に自分の車のエンジンがかからなくなってしまったら…

scrutineers-432374_640
過放電によるバッテリー上がりはそんなに深刻な問題ではありません。要は車のバッテリー充電切れなので、エンジン始動分の電力さえあればいいのです。なぜそれだけでいいのかというと、車はエンジンさえ始動すれば走行充電が可能だからです。通常は車は走行することでエンジンから電力をバッテリーに供給しています。なのでわざわざ、専用バッテリー充電器などでフル充電をする必要もないわけです。

急なバッテリー上がりに対処する方法はいくつかあります。

JAFの救援による対処

__もっとも多くの方がバッテリー上がりの対処として思いつくのがJAFです。そのためにあるので遠慮することはないのですが、JAFの利用にはいくつか問題があります。

 
  • 料金が高い
  • 時間がかかる
この2つです。JAFは非会員の場合、1万~3万の料金を1回にとられます。料金によって開きが多いのは昼間と夜間。高速などの条件によって大きく料金が変わるからです。

また、JAFは場所によっては担当者が来るまで待たされます。これはしょうがないことですが、ネットの書き込みなどを見てみると1時間以上待たされることもザラにあるようです。
JAFが行うのは下記の救援車での対処と同じことですので、そう考えると時間と費用のことも踏まえてバッテリー上がりにJAFをわざわざ使うのもなんともいえません。

救援車を使った対処

jumper-cables-926308_960_720もしも、友達の車などが近くにいれば、この方法でのバッテリー上がり対処が可能です。この方法はブースターケーブルを使って2つの車のバッテリーを繋ぎ、救援車からの電力を分けてもらう方法です。必要なものはブースターケーブルのみです。安いもので1,000円程度で入手できます。バッテリー上がりの対処の中では最も安く済ますことができますがこの方法にも問題があります。

 
  • 救援車が必要不可欠(同じ電圧であることが前提)
  • 初心者には不向き
この方法は当然ですが、救援車の存在が必要不可欠になります。また、ブースターケーブルの接続や取り扱いに十分注意しないとショートの恐れがあり、初心者にはあまりオススメできない方法でもあります。逆に経験者はこの方法が安上がりでオススメです。

自力で素早くバッテリー上がりに対処する方法

V12接続3冒頭でも述べましたが、数年前まではバッテリー上がりが起きたら自力での対処はできませんでした。しかし、最近ではジャンプスターターとよばれるものが登場しています。ジャンプスターターはそれ自体がバッテリーの役目をもっており、コレを上がってしまった車のバッテリーを接続することでエンジンスタートを可能にしています。要はジャンプスターターが救援車の役割を果たしてくれるわけです。

このツールを1つ持ってるだけで、急なバッテリー上がりにも何回でも素早く対処ができるわけです。これは便利だと思います♪

当サイトおすすめのジャンプスターター

当サイト管理人も愛用しているジャンプスターターがあります。それがV12マルチチャージャーシリーズです。市販のジャンプスターターの中では結構メジャーな存在で、雑誌とかでも取り上げられています。

banner-300x164
このV12マルチチャージャーの特徴として…
  • 世界最小の小型ジャンプスターター(スマホサイズ)
  • モバイルバッテリー機能・LEDライト機能の搭載
  • 安心の保証とサポート
があります。

>>>世界最小の小型ジャンプスターター V12マルチチャージャー

v12gt-002png
なんといってもスマホサイズなので車のダッシュボードには余裕で入りますし、ポケットにも入るのはかなり便利です。この大きさで排気量4000cc、車20台分のバッテリー上がりに連続対処できるパワーを持っています。またスマホ機器の簡易充電器としても使えるので小型であることが嬉しいですし、外出や旅行先でも使えるのでコストバランスがいいです。

zella_qualityimg
また、このようなハードウェア製品は輸入物が多いので保証などが怖いですが、V12マルチチャージャーシリーズは購入から1年間は無償で修理交換をしてくれます♪



このV12マルチチャージャーシリーズ、けっこう人気があるようで今年になって大型車にも対応したパワーアップ版「V12マルチチャージャーGT」とアウトドアに強い防水性のジャンプスターター「V12マルチチャージャーBlackLabel」も販売しています。さらにJAF問い合わせ第2位のタイヤ空気圧対処用の「エアプレッサー」やシガーソケットに接続することでバッテリー電圧を教えてくれる「バッテリーチェッカー」もセット販売しています。意外にコレがおすすめで検討している方はセットで買った方がオトクです。

:5/28追記
6/1までV12マルチチャージャーが格安で手に入るキャンペーンを実施中です!!詳しくは公式サイトをチェックしてみてください


>>>V12マルチチャージャーの公式サイトはコチラ

>>>V12マルチチャージャーGTの公式サイトはコチラ

>>>V12マルチチャージャーBlackLabelの公式サイトはコチラ

まとめ

車のバッテリー上がりは自力で対処できる時代になっています。ジャンプスターターなどの自力で対処できるツールを1つ持っていればバッテリー上がりに何回でも時間をかけずに対処できるわけです。
JAF非会員の人はもちろんのことJAF会員の人も1つ持っておけばかなり役に立つと思います♪

 




 

ジャンプスターターがあればバッテリー上がりは怖くない!!

V12接続1世界最小の小型ジャンプスターター!!コレ1つで20台分の車のバッテリー上がりに対処!!

スマホのモバイルバッテリーにもなるから費用対効果も高い!!
  • 排気量4,000cc以下の車に対応
  • iPhone5 4回分のフル充電ができる
  • 保護ケーブル搭載だから操作を間違えても安心
  • 安心の1年無料修理・交換保証

>>>V12マルチチャージャー 公式サイト<<<

車のバッテリーが上がったらそれは交換のサイン??

rp_dog-165210_6401.jpg

車のバッテリー上がりはバッテリーの充電量の低下によるエンジン始動不具合です。一般的にこれをバッテリーの過放電と呼びます。

よくバッテリー上がりが起きたら、バッテリーの交換時期という言葉を耳にしますが決してそんなことはありません。車のバッテリーの寿命は2年ほどといわれています。もちろん、乗り方によって寿命には個人差がありますが、1年足らずでバッテリー上がりが起きたからといって交換をする、というのはちょっともったいない考え方です。

今日はバッテリー上がりと交換について話していきます。

バッテリー上がり=バッテリー交換ではない

max16011542-2_TP_V冒頭でも話したとおり、車のバッテリー上がりはバッテリーの充電不足によって起こるものです。車のバッテリーはエンジン始動と電装品に電力を消費します。電装品などを使い過ぎるとバッテリーの充電量が不足しバッテリー上がりを起こすのです。

つまり、バッテリー上がりを起こしたからといってそのバッテリーを交換しなくてはいけないということにはならないのです。バッテリーの充電量を回復してあげればこのバッテリーはまだまだ使えます。

2年を目安でバッテリー交換を考えよう

点検などでバッテリー電圧を計測してバッテリー交換を勧められることもあるでしょう。しかし、あなたの車のバッテリーが交換してから1年くらいしか経っていないのであれば、バッテリーの充電でまだまだそのバッテリーは使える可能性があります。

では、バッテリーの寿命とはどういうことか??

車は電車などと同じように走行をすることでオルターネーターから電力を供給してもらいバッテリーを自己充電しています。何度も充電することにより、バッテリー液が減っていき、だんだんとバッテリー自体に入る充電量が減っていくのです。最大許容量の低下ですね。
これがどんどん減っていくことによってバッテリー充電が行われても、すぐにバッテリー上がりが起きてしまったりするようになります。こうなるといくら充電をしても意味が無いのでバッテリー寿命⇒バッテリー交換となるわけです。

バッテリー交換まで使い切るのが正しい考え

V12接続1バッテリーは消耗品として考えたほうがいいです。正直、あまりバッテリー液の補充やらなんやらを考えすぎるのもあまり意味がないといえます。

それよりもバッテリー上がりが起きてしまったときのためにバッテリー上がりの対処法を知っておくことの方がいいかもしれません。

実はバッテリー上がりは自力で対処することが可能です。通常はJAFなどの救援車が必要になりますが、最近はジャンプスターターとよばれる便利なバッテリー上がり対処ツールがあるので、これを1つ持っておくだけで、いついかなる急なバッテリー上がりにも1分で対処ができます。
ジャンプスターターについては以下の記事に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。
また、当サイトでは車のバッテリー上がりについていろいろな情報を掲載していますのでぜひ参考にしてくださいね。

関連記事:車のバッテリー上がりの心配をなくすために

車のバッテリー上がりの充電はどうやってやるのか??

highway-256869_640
車がバッテリー上がりになった場合、
バッテリー自体が寿命の場合もありますが、
その多くの原因はJAF問い合わせ第一位の「過放電によるバッテリー上がり」になります。

関連記事:バッテリー上がりの原因|夏と冬??

この場合のバッテリー上がりは、
要するに電気の使い過ぎ、充電切れによるエンジンスタート不具合になるので、
バッテリー充電をしてあげれば問題なくエンジン始動が可能です。

 

バッテリー上がりの充電の方法

車のバッテリー電力はエンジン始動と電装品に主に使われます。

車は運転をすることで自己充電ができる仕組みになっていますので、
基本的にはおいそれとはバッテリー上がりを起こすことはありません。

しかし、近年は電装品周りが充実していることや乗り方の問題、
また季節的な原因で気づくとバッテリーの充電切れを起こすことが結構あるのです。
driver-1149997_960_720
 

バッテリー充電器

バッテリー上がりの充電方法として、
車のバッテリー充電器といわれるものがあります。

しかし、バッテリー充電器は大きさと電源の確保という問題があります。
バッテリー充電器は基本的に家に置いておくもので、充電するのにも時間がかかるため、
外出や旅行先での突然のバッテリー上がりには向いていません。

バッテリー充電器を使う場合は、
バッテリー電圧をしっかり測定できるものを選ぶことをおすすめします。

 

ジャンプスターター

ジャンプスターターとは、
バッテリーを充電するのではなく、
バッテリー上がりになった車のエンジン始動分の電力を供給してくれるツールになります。

バッテリー充電はできませんが、
小型で持ち運びがしやすく、突然のバッテリー上がりなどの応急処置として使えます。

先ほどもいったとおり、
車は走行することで自己充電する仕組みなので、エンジンさえ始動すれば、
数十分の走行でバッテリーの充電は可能です。

関連記事:ジャンプスターターとは??

 

充電もできる大容量ジャンプスターター

ジャンプスターターの中でもバッテリー充電ができるタイプがあります。
通常のジャンプスターターよりも大型になってしまいますが、
その分、蓄電容量が多いため、モバイルバッテリーにも活躍します。

また、ジャンプスターターとしても大型車のバッテリー上がりにも対応しており、
シガーソケットと接続することでバッテリー充電が可能です。

まだ、あまりこのタイプは存在しませんが、
今後、ジャンプスターターも電池の進化とともにマルチに使えるものとなっていくでしょう。

v12gt_header02>>>バッテリー充電も可能な大容量ジャンプスターター V12マルチチャージャーGT

 

まとめ

車のバッテリー上がりは意外に知られていませんが、ツールを使えば自力で対処が可能です。

JAFの問い合わせでダントツ第一位のこのバッテリー上がりに対処ができれば、
自動車保険はゼッタイに必要ですが、ロードサービスは要らないかもしれません。

ちなみに第二位のタイヤのパンク関連も車の空気入れなどのツールも、
比較的安く手に入れることができるので自力で対処が可能です。



>>>車のタイヤパンク問題を防止 V12エアーコンプレッサー

 

車が進化していくとともに、カーツールもどんどん進化しています。
いずれはロードサービスなどが必要なくなる時代がくるかもしれませんね。

レクサスのバッテリー上がりについて

LEXUS_RC300h_F_SPORT_Japan_2014_Front

lexus-969054_960_720
レクサスといえば高級車、ラグジュアリーな印象を受けますが、
皆様はどうでしょうか??

販売当初からトヨタの高級車ブランドとして、
高品質と機能を追求してきたレクサスは、
セダン、クーペ、クロスオーバーなど複数の車種を展開。

価格も高いものから安いものもあるので、
別に富裕層だけが乗るべき車、というわけでもありません。

でも、やっぱり他の車にくらべると高いです。。。

レクサスの特徴

レクサスの特徴として、
中古車の買い取り保証にあります。

LEXUS_RC300h_F_SPORT_Japan_2014_Front
何年経っても、価格があまり変わらず、
価格が安い中古車が出回る対策を行っているわけです。

塗装がとっても綺麗でお偉い人が乗っているんだろうなーという印象がありますね。

個人が持つというよりもお抱え運転手が運転してそうなイメージです。

レクサスCTならお手頃価格!?

通常のレクサスになると、
RC、GSなどで最低でも600万くらいかかります。

「うわ、高級車…」と思ったアナタ。

1280px-LEXUS_CT200h_Japan_2011_front
レクサスCTであれば、
300万台から購入することができます。

まあ、それでも高いのですが、
最近はレクサスブランドがより浸透しているのもあって、
けっこう一般層にも普及しているみたいですね。

レクサスのスペック・排気量

やはり高級車というだけあって、
そのスペックもすごい。

レクサスIS200tは、
小排気量エンジン+ターボ(ダウンサイジングターボ)を搭載しており、
2リッター4気筒直噴ターボ。全長4665mm、全幅1810mmの排気量は約2500ccです。

もちろんこれはレクサスIS200tのスペックであり、
クーペだと4000ccを超えてきます。

また、G-LINKという専用のナビゲーションシステムが搭載されており、
データは自動更新してくれるというラグジュアリー感。そしてそれだけでなく、
24時間365日レクサス専用のオペレーターが完備されているという安全性を誇っています。

 

レクサスのバッテリー上がり

レクサスには多くのモデルがあり、
ハイブリット車も登場していますが、
レクサスもバッテリー上がりになることがあります。

lexus-969056_960_720
レクサスのようなハイブリット車でもエンジン始動用に使うバッテリー(補機バッテリー)は、
通常のガソリン車のものと同様なので、ここが過放電を起こした場合、バッテリー上がりになります。

ジャンプスターターなどを持っていれば、
自力でのエンジン始動も可能ですがレクサスの場合は、手厚いサービスがあるのでそれを利用するのも手かもしれません。

関連記事:ジャンプスターターとは??

まとめ

レクサスのバッテリー上がりについて今回は書かせていただきましたが、
2016年にレクサスはランドセルを発売したという情報がありました。

参考リンク:最先端素材を採用!! レクサスから15万円のリアルソフトカーボン仕様ランドセルが登場!! 

最先端の技術「リアルソフトカーボン」を使ったこだわりの一品。お値段なんと15万円!!

間違っても子供には背負わせられないほどのお値段。。。
おぼっちゃま学校ならともかく、普通の学校でこんなランドセルを背負っていたら、
いじめられちゃうんじゃないかとちょっと心配ですね。

 

ヴェルファイアのバッテリー上がりについて

OSAKA_AUTO_MESSE_2015_(135)_-_Toyota_VELLFIRE_VL_(H30W)

OSAKA_AUTO_MESSE_2015_(135)_-_Toyota_VELLFIRE_VL_(H30W)
今日は軽の時代といわれるほど、
軽自動車が売れている中で唯一、売上が上がっている「The Strong Minivan」大型車のヴェルファイアを取り上げます。

ヴェルファイアといえば、
このフロントマスク。リッチで豪傑感のある顔立ちです。

ヴェルファイアの排気量・スペック

7人乗りの大型車、ヴェルファイアの全長は4,930mm、全幅1850mmとかなり大柄です。
値段も400~500万と高級車顔負けです。排気量は2493cc

兄弟車のアルフォードがフルモデルチェンジし、
この車が誕生したわけですが、
アルフォードよりも全高を低く抑え、より室内を広く高くさせています。

7人乗りなので家族用として車としてものんびりリラックスできますし、
仕事車としても快適さを追求したシートと空間が客をもてなしてくれます。

かといって外観は力強い感じがあるので、
高級車の悪いイメージを払拭してくれています。

少し燃費が悪くても、
乗り心地、視界の良さが人気の理由のようです。

ヴェルファイアのバッテリー上がり

ハイブリット車としても人気の高いヴェルファイアですが、
バッテリーの過放電によりバッテリー上がりを起こすことがあります。

ハイブリット車でも、
エンジン始動用のバッテリーがガソリン車と同じものなので、
ここが充電不足になるとシステムがダウンし、エンジンもかかりません。

原因はランプのつけっぱなしだったり、
エアコンの使い過ぎだったり…いろいろありますが、
もしもバッテリー上がりになってしまったら、
JAFやロードサービスへの連絡、ジャンプスターターで対処をしましょう。

関連記事:ジャンプスターターとは??

LLクラスのミニバンが人気のある理由

最近はミニバンがとても人気があります。

やはり、広く快適に使える車内というのがポイントのようです。

cross-country-skiing-624246_960_720
また、最近はキャンプやスキー・スノーボードなど、
レジャーに使える車として使う層が多いみたいですね。

20代だったら、仲間や恋人と。
30代40代は家族と一緒にレジャー、旅行のお供となっているわけです。

 

>>>レジャーで大活躍の大容量モバイルバッテリー V12マルチチャージャーGT

>>>日本初の防水性のジャンプスターター V12マルチチャージャーBlackLabel

まとめ

ヴェルファイアは2008年のリリースからいまだに根強い人気があります。

その人気の秘密はやはり高級感とくつろぎにあるようです。

室内には前にも後ろにもエアコン設備が搭載されており、
スピーカーも15個以上、モニターも搭載しています。

まさに、大家族や仲間同士で旅行などに行くときにはぴったりの車なのかもしれません。

車のバッテリー上がり…そのまま放置はマズイ??

car-385466_640

「最近、全然、車に乗っていないなぁ…」

なんて、思いながら、
久々に乗ってみたら、エンジンがかからずにバッテリーがあがってしまっていること。
けっこうあると思います。

私の周りでも月1くらいでしか車に乗らなかったり、
そもそも自分の車は所有していない人も結構いたりします。

japan-931162_960_720
家族がいるなら話は別ですが、
都市圏では電車などの交通網が細かく整備されているので、
日常生活には車がなくても困らないんですよね。

若者の車離れ」なんていわれていますが、
それもしょうがない気もします。

さて、問題はこのバッテリー上がり。

しばらく乗ることもないだろう…なんて、
そのまま放置しておくとどうなるのでしょうか??

今回はバッテリー上がりの放置について話していきます。

バッテリー上がりは放置しても治らない

バッテリー上がりは放置しておけば、そのうち治る!
なんて言葉を聞いたことありませんか??

そんなわけありません。

それだったら、みんな、バッテリー上がりで苦労しないはずです。

むしろ、上がったバッテリーをそのまま放置しておくと、
どんどん自然放電していき、セルも完全に回らなくなります。

また、電極の腐食も進んでいき、バッテリー自体の寿命が縮まっていきます

放置は車自体の劣化にも影響する

バッテリー上がりをそのまま放置しておくと、
バッテリーだけでじゃなく、車のあらゆる部分に劣化がすすんでいきます。

car-385466_640

・タイヤの劣化

まずはタイヤ。

ずっと同じ箇所のみに重みが加わっている状態なので、
ひずみが生じ変形、タイヤのサイドにひび割れや傷、亀裂が入る可能性があります。

・ガソリンの劣化

車に貯蓄されているガソリンは気温の上昇下降により、
変質してしまう可能性があります。

すると、気化器部分に付着してしまい固形化→始動不良になってしまう可能性があります。

・ブレーキの制動装置不備

フロントブレーキ、サイドブレーキが錆びつき、
固着状態になってしまい、最悪の場合、ペダルを踏んだ状態から戻らなくなる場合があります。
現在の車はブレーキ周りが発達しているので、そうそうこのようなことは起きませんが、
1世代前の車を利用している方は注意が必要です。

バッテリーよりも怖いのはエンジンの劣化(ドライスタート)

バッテリー上がり後の放置で怖いのはエンジンの劣化です。
バッテリー自体は最悪、交換すればなんとかなりますが、
エンジンとなるとそうはいきません。

エンジンのシリンダ部分のオイルが、
車の放置により、どんどん下に落ちて行ってしまい、
油膜が切れている状態になります。

この状態でエンジンを始動させると、
油膜が無い状態ですからエンジンに相当なダメージを与えるわけです。

これがいわゆるドライスタートとよばれるものなんですが、
この状態は数か月くらいの放置なら心配する必要はありません。

半年から1年以上放置している車のエンジンを始動する場合は、
このドライスタートの心配をしたほうがいいでしょう。

といっても、どんな状態がドライスタートなのかわからないと思います。

ドライスタートを起こすと、
エンジン始動音がガラガラと大きい、いつもとは異なる異音になるはずです。

ちなみに、1年以上放置していた車の動画がありましたので、
一度、参考にしてみてください。



ものすごい音ですね笑

バッテリー上がりを防止するために…

もしも、しばらく車に乗ることがない!と判断した場合は、
次に乗る際にバッテリー充電切れを起こさないために、
バッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。

実はこれだけでバッテリーの自然放電を防ぐことが可能です。

しかし、電子制御(タイマー)などの設定がリセットされますのでご注意を。

車のバッテリー上がり対処法・料金比較まとめ

jumper-cables-926308_960_720

車のバッテリー上がりはJAFの問い合わせダントツ1位のトラブルになります。

初めての人は「エンジンがかからない!!」とパニくってしまうあれです。

エンジンがかからないために、
バッテリーがおかしくなってしまったのではないか?と思うかもしれませんが、
ホントにバッテリー自体が故障を起こしている可能性はごくわずかです。(バッテリー交換時期による)

多くのバッテリー上がりの原因は、
過放電」によるものです。つまり、バッテリーの充電切れですね。

なので、今、バッテリー上がりを起こしている方もそこまで慌てることはありません。

今日は、車のバッテリー上がりの対処別のメリット・デメリット。
そして、それにかかる料金コストをまとめてみましたので、
バッテリー上がりに困っている方もまだ起きていない方も一度参考にしてみてください

バッテリー上がり対処別・料金比較

対処法JAF・ロードサービスブースターケーブルジャンプスターターバッテリー充電器
__1Booster_cables1V12接続119cm_7000g1
料金会員:無料
非会員:24190円(条件による)
1500円~3000円
(ケーブル価格)
10000円ほど15000円ほど
時間最大1時間以上
(場所による)
数分数十秒12時間
(フル充電)
メリット電話するだけでOK
ケーブルさえあればOK
料金が一番安い
完全自力で対処できる
対処時間が早い
バッテリーをフル充電できる
デメリット非会員だと高料金
到着まで時間がかかる
救援車が必須バッテリー充電はできない充電に時間がかかる
(半日ほど)

JAF・ロードサービスのバッテリー上がり対処

もしも、突然、バッテリー上がりを起こしてしまったら、
一番、最初に思いつく対処がJAFなどのロードサービスに連絡をすることだと思います。

jumper-cables-926308_960_720
事実、冒頭でも述べましたが、
JAFの出動理由第一位が過放電バッテリーによるバッテリー上がりです。
その数は73万件(平成27 12月データ)。
2位のタイヤパンク、エアー圧不足が30万件なので、
かなりの頻度でバッテリー上がり要請を受けていることが分かります。

JAF・各種ロードサービスのバッテリー上がり対処は一番確実です。

というか、こちらはなにもしなくてOKです。

しかし、非会員だと時間帯・場所によって費用がかさむので注意が必要です。
夜間で高速道路だと2万以上費用がかかります。ちなみにこれに高速料金が入るのでもっとかかります。

あと、ロードサービスによっては、
会員でも月何回までなどの制限があるので注意してください。

また、よく言われるのが、
場所によって、かなり待たされること。

バッテリー上がりを起こしてしまったこちら側が言えることではありませんが、
急いでるときの突然のバッテリー上がりにはちょっと不向きともいえます。

 

ブースターケーブルのバッテリー上がり対処

ブースターケーブルは数千円で手に入るバッテリー上がり対処ツールです。

ジャンプスターターが登場するまでは、
車載している車も多かったと思います。

持っておけば、かなり心強い味方になるのですが、
問題が1つ…

Mazda_FLAIR_XG_(MJ34S)_&_Suzuki_WAGON_R_FX_(MH34S)_front
それは救援車、つまりは他人の車の手助けが必要なことです。

救援車のバッテリーと自分の車のバッテリーをケーブルで接続し、
救援者からのエンジン電力を借りて、エンジン始動を行う、というやり方です。

(関連記事:ブースターケーブルの正しい繋ぎ方

友達の車と走行しているのならば、
この対処法が一番、安上がりに済むのですが、
車を運転するときは大体が一人なので、
この方法は初心者向きとはいえません。

最近は都市圏でブースターケーブルを使った救援方法も目にしなくなりましたしね。

ただ、ブースターケーブルを持っていなくても、
こういう方法があるんだということを頭に入れておいてください。

もしものときに、誰かに助けを求めることがあるかもしれません。

waiting-926533_960_720
ちなみにタクシーの運転手は
仕事上、ブースターケーブルを積んでいる可能性が高いです。

あと、この方法は、
ブースターケーブルで接続する救援車がバッテリー上がり車と同じ電圧であることが前提ですので、
お気を付けください。

ジャンプスターターのバッテリー上がり対処

当サイトでおすすめしているバッテリー上がり対処方法がコレです。

ジャンプスターターはそれ自体がバッテリーになっていて、
バッテリー上がりになってしまった車のエンジン始動の電力を分けてくれます。

V12接続3
上で紹介した、
「ブースターケーブルの対処方法」の救援車のバッテリー+ブースターケーブルがセットになったと考えればOKです。

(関連記事:ジャンプスターターとは!?

この方法がいいのは、
突然のバッテリー上がりに対処しやすいところです。

JAFは場所によって時間がかかり、
ブースターケーブルは他人の力を借りなくてはいけません。

ジャンプスターターは、
完全自力で慣れれば数十秒でバッテリー上がりに対処できます。

しかし、車のバッテリーを充電することはできません。
あくまでエンジン始動のための電力供給にすぎません。

なので、エンジン始動後は必ず、走行充電を行ってください。

最近はマルチファンクションジャンプスターターとよばれる、
スマホ充電器の機能も併せもつタイプが存在しますので、
購入を検討している方はコチラをおすすめします。

バッテリー充電器のバッテリー上がり対処

バッテリー充電器はその名の通り、
車のバッテリーの蓄電量を充電してくれるツールです。

最近は軽量化がすすんでいますが、
それでもジャンプスターターのように手のひらサイズというわけではありません。

突然のバッテリー上がりには不向きであり、
充電には時間がかかります。

car-385466_640
しかし、このバッテリー充電器は、
車の乗る機会が少ない方には使えるツールです。

数か月ぶりに乗る車のバッテリーはほぼ空なので、
あらかじめ、このバッテリー充電器で充電をするわけです。

家庭のコンセントから充電ができるタイプもありますので、
車に乗る機会が少ない方はこちらも検討してみるといいでしょう。

そういう意味では、
バッテリー上がり対処というよりはバッテリー上がり防止ツールですね。

まとめ

今回は車のバッテリー上がり対処法をまとめてみました。

正直、どれが良い悪いというよりは、
車の乗り方によって、対処方法を選択する。というのが正しいでしょう。

light-trail-1142023_960_720
車にまったく乗らない方はバッテリー充電器があると便利だし、
よく乗る方はジャンプスターターが便利です。

また、自分で対処したくないという方は、
JAFなどに頼めばそれでいいと思います。

ただし、バッテリー上がりは一番多い車のトラブルなので、
「自分には起こらないので大丈夫…」という変な固定観念だけは持たないようにしてください。

車のバッテリーが上がるまでの時間について

rp_car-516517_1280-300x225.jpg

車のバッテリー上がりはさまざまな要因で発生します。

当サイトでも車のバッテリー上がりに関する情報をまとめていますので、
一度、参考にしてみてください。

関連記事:バッテリー上がりの症状|コレってバッテリー上がり!?
関連記事:バッテリー上がりの原因|夏と冬??

車のバッテリーが上がるまでの時間

バッテリー上がりの原因の多くは、
電装品の使用過多にあります。

夏や冬は電装品を使う機会が多いため、
その分、バッテリー上がりになる確率が高いわけです。

car-933273_960_720
 

電装品の使用過多の中でも、
おそらく最も多いのがライトのつけっぱなしでしょう。

例えば、ヘッドライト。消費電力は10.2Aです。
電装品の中でエアコン、リアデフォッガーに次いで3位の電力消費量をもっています。

このヘッドライトを消し忘れて、
次の日に乗ったら、ほぼ間違いなく、バッテリー上がりを起こします。

ルームライトであれば、消費電力が小さいので、
軽自動車でも1日半くらいはつけっぱなしで大丈夫です。

結局のところ、バッテリー上がりの大きな要因は「うっかりミス」なのです。
日々の確認、チェックが大事ということになりますね。

waiting-410328_640

では、実際にバッテリー上がりになってしまったら、
充電にはどれくらい時間がかかるのでしょうか??

 

充電器を使うと満充電までどれくらいかかるのか?

車のバッテリーの充電不足によるバッテリー上がりは、
基本的にバッテリーの電力供給により対処することが可能です。

loading-1087264_960_720車のバッテリーを充電するためのバッテリー充電器も市販で販売されています。

しかし、バッテリー充電器で充電する場合、およそ半日でフル充電になります。
バッテリー上がりは急にやってくるものなので、出先でのバッテリー上がりには、
充電に時間のかかるバッテリー充電器は不向きともいえます。

どちらかといえば、バッテリー充電器はもともと車にあまり乗らない方に役立つツールでしょう。

 

車は走行することで自己充電ができる

そもそも、基本的なことではありますが、
車は走行することで自己充電をしています。

車はエンジンを回転させ、動力を生み出しており、
それがタイヤを回して動いているわけです。

このエンジンの回転動力の一部をオルタネータという発電機が、
電力に変えて、バッテリーの充電にまわしているのです。

なので、正常な乗り方をしていれば、
理論上は数年はバッテリー上がりが起きることはないということになります。

 

走行充電の場合の必要充電時間

もしも、ヘッドライトが弱ってきたり、
エンジンがかかりにくくなってきたら、走行して充電をしてみることをおすすめします。

car-316709_640
 

走行時間ですが、1時間ほど走行すれば問題無いかと思います。
これでも次に乗ったときにバッテリーが上がったら、
そのときはバッテリーの寿命を疑いましょう。

急なバッテリー上がりにはジャンプスターター対処が早い

出先で急にエンジンがかからなくなったら、
ジャンプスターターがあれば、素早く対処することができます。

JAFなどのロードサービスを呼ぶのが一番確実ですが、
場所によっては1時間以上も待たされることもあるため、
バッテリー上がりくらいは自力で対処できた方がいいでしょう。

DSCN4440
 

ジャンプスターターが1つあれば、
救援車も必要なく完全に自力でのバッテリー上がり対処が可能です。

関連記事:ジャンプスターターとは!?

 

まとめ

バッテリー上がりは車のトラブルで最も多いことで有名です。

その要因は車内環境の向上による電装品の使用過多にある、と書きましたが、
もちろん、それだけではありません。

japan-931162_960_720
都心に住んでいる人は車に乗る機会がそこまで必要とされていないために、
車に乗らない期間が長いこともバッテリー上がりに繋がる大きな原因になっています。

しかし、バッテリー上がりは今では自力で対処できる時代になっているので、
自分の車の乗り方に合わせ、ツールを使ってみるのもいいのかもしれません。

バッテリー上がりの症状|コレってバッテリー上がり!?

scrutineers-432374_640

車のエンジンがかからない!!

車のバッテリー上がりとは、
いったいどんな症状のことをいうのでしょうか??

scrutineers-432374_640
バッテリー上がりとは、
端的にいえば、ずばり「エンジンがかからない!!」ってやつです。

みなさんも経験があるのではないでしょうか??

最近は普段はあまり車を使わないって人も多いはず…

2週間くらい乗っていなくて、
ある日、休日に遠出しようか…なんてエンジンをかけたら、

「あれれ、エンジンがかからない!!」なんてことがあるわけです。

(関連リンク:なんで車に乗らないとバッテリー上がりになるの??

 

バッテリーが上がったらバッテリーの交換が必要なの??

 

じゃあ、実際にバッテリーがあがってしまったら、
バッテリーを交換しなくてはいけないんでしょうか??

beautiful-71493_960_720
いえいえ、そんなことはありません。
もちろん、バッテリー自体が不良を起こしていたり、
もしくは、バッテリーを5年くらい使っていたりしている場合は交換の必要があるかもしれません。

しかし、普通はただのバッテリーの”充電切れ“であることが多いです。

iphone-324781_640
スマホのバッテリーと同じですね。
電池を使いすぎてしまうと、充電が切れてしまいます。

でも、電池を充電すれば、
また普通に使えるようになりますよね??

車の場合、バッテリー充電はエンジンを稼働させ、
運転することで、蓄電することができるのでエンジン始動さえ起こしてあげれば、
あとはなんとかなるわけです。

最近はエンジンスターターも小型化しているので、
1つ持っていてもいいかもしれませんね。

>>>当サイトおすすめのジャンプスターター<<<
V12マルチチャージャー_250×250


バッテリー上がりの症状を見極めよう

でも、いつバッテリー上がりが起きるのにヒヤヒヤするのも嫌ですよね。

ご安心を。

車のバッテリー上がりには起きる前の前兆というべき症状があります。

夏や冬は電装品を多く使いがちなので、
このバッテリー上がりの前兆症状に注意してみるといいと思います。

auto-239581_640
・ヘッドライトがチカチカして暗くなったりする
・パワーウィンドウやウィンカーがなんか弱い
・セルがウォンウォンゆっくり回る、カチカチ回る

こんな症状がしたら、バッテリーがかなり弱ってる証拠です。
バッテリー充電器で充電するか、走行して蓄電しましょう。

DSCN4613
車のバッテリーは5年くらい使えます。

もちろん、だんだんとバッテリー自体が消耗していくので、
バッテリーがあがってしまうことも多くなります。

だけど、エンジンがかからないからといって、
バッテリーが壊れた!!!とパニックにならないようにしてくださいね。

バッテリー上がりの原因|夏と冬??

beach-84533_640

car-316709_640
 

車のバッテリー上がりは
車の乗り方が深く関わってきます。


 

バッテリー上がりの原因も、
実はあなたの車の乗り方がよくないからかもしれません。

バッテリー上がりが起きやすい人

tasmania-196828_640

・毎日、近くのコンビニまでしか乗らない

⇒意外にもバッテリー上がりになりやすい人は毎日短い距離を運転してる人のようです。

最近は買い物で毎日、数分のってる!なんて主婦層にバッテリー上がりが多いみたいです。

「あっわたしも!!」って方は買い物帰りにバッテリー充電のために、
寄り道走行をおすすめします!!

car-385466_640

・車を使うのは一年に一回くらい…

車は運転してないときも電気を使ってるので、使わないと電気が底をつきます。

都市圏などでは交通網が張り巡らされているので、
普段は車を使わない人も多くいます。

数ヶ月車を使わないで、
旅行のときなどにいざ、出発⇒エンジンかからない!!がコレにあたります。

バッテリー上がりの原因でもこれが一番多い気がします。

recreational-vehicle-270061_640

・車に住んでるっていうくらい乗ってます

車に乗りすぎな方もバッテリー上がりに注意です。でも、車からすれば本望かと。

ちなみにバッテリーの寿命は3~5年といわれていますので
なるべくフル活用したあげてください。

(関連リンク:突然の車のバッテリー上がりに役立つツールをまとめてみた!

 

つまりは、乗るなら30分以上は乗る!

数分の近い距離なら自転車で行く笑

バランスが大事なんですね。

 

バッテリー上がりは夏と冬に多い!?

 

よく夏や冬にバッテリー上がりが多いと聞きます。

もちろん、この時期は帰省などもあるので、

単純に交通量が多いということもありますが…

それだけではないんです。

beach-84533_640car-791092_640
実は車の電装品の中で
一番電力を消費するのが「エアコン」なんです。

ヘッドライトが消費電力10.2Aに対し、
エアコンは17.3Aとなっています(JAF調べ)

 

夏や冬はエアコンを使うことが多いので、
これがバッテリー上がりが夏と冬に多い大きな原因となります。

light-trail-1142023_960_720
それだけではありません。

帰省ラッシュなどの渋滞時のブレーキランプの多用。

雨天時のワイパー、リアデフォッガーの使用。

夜間走行のライトの消し忘れ。

などなど…

車の電装品による電力消費がバッテリーに響いてくるんです。

 

現代は車の車内環境もかなり快適になっています。

だからこそ、それらの機能に電力が使われているわけなんですね。

ある意味、車内環境の向上がバッテリー上がりの原因になってる部分もあるのです。

 

woman-289315_640
 

でも、せっかく楽しいドライブなんだから、

電力が…などと気にしすぎるのも面白くありません。

このサイトでは車のトラブル年間80万件にも上る

バッテリー上がりのおすすめ対処法も紹介しています。

 ⇒⇒⇒おすすめの車バッテリー上がり対処法はコチラ

V12マルチチャージャー_468×60